コンテンツへスキップ

葉酸摂取による効果が認められるようになってきました

妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。

葉酸は、ビタミンのひとつです。

その効果は妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。

具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。
胎児の健康を考えて、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は葉酸を摂った方が良いと思います。
妊娠しづらいように感じ始めたら、とりあえず基礎体温をつけることをお勧めします。

平均体温と基礎体温はちがいます。基礎体温を見るとホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、不妊治療の大事なきっかけになるのです。普通の体温と違って基礎体温は、毎日、起床時に体温を測るというルールもあるので、そのままにしていくのが大事です。

一日忘れても根気よくつづけていきましょう。葉酸とは野菜などにふくまれているビタミンBのひとつで、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。

妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。
流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを避けるなどの、有益な効果が認められているためです。
厚生労働省の発表によりますと、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸のサプリメントで不足分を補給しても良いと思います。妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、日ごろのご飯に気を付けていただきたいことは持ちろん、それに加えて葉酸を補給することを正式に厚生労働省が推奨しています。

なぜなら、十分な葉酸を摂る事で赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。そうしたサプリを利用する方は、胎児の安全性を考慮した上で、天然素材の葉酸サプリメントにすることが大切なポイントだと言えますね。

妊活を行なう場合、気を付けてほしい事は、ご飯ですね。普段から妊活を頑張っている方は、いつでも妊娠する可能性がある理由です。産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんがゲンキに成長できるように備えておきましょう。
中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。

当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前から赤ちゃんを授かっているのです。受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で胎児に十分な葉酸を与えることが出来るよう、ご飯やサプリ等に気を配ってみてください。

妊活中に忘れてはならないのが、ホルモンバランスを正常に整えることです。

中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。

ヨガの深い呼吸法(自律神経の訓練方法としても有名ですね)と適度なストレッチはリラックス効果がある上に、自律神経が整い、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。ネットにはヨガの動画がたくさん紹介されています。こうした動画を活用すれば、自宅でも行なえますし、軽く息が上がる程度の運動は代謝が上がりますし、柔軟な体を作ってくれます。

ですから、心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり普段の食生活で摂れたら良いですよね。葉酸の含有量が多い食材は、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜は持ちろん、納豆や枝豆、ホタテもそうです。ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが困難な方も多いと思います。日々の暮らしや体調によっては無理をせずに、サプリを飲向こともエラーではありません。サプリメントであれば簡単に摂取できます。
胎児のための栄養を一番に考えている妊活中の女性にとって、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがありますから、注意が必要です。
一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はタンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。
あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にすさまじく、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。
中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できると言われているのですので、無事に妊娠した後も、ぜひ飲みつづけてみましょう。