コンテンツへスキップ

産業看護師とは一般の会社に勤務する看護師

産業看護師とは、一般の会社に勤務する看護師をいいます。看護師と聞くと病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室が置かれている企業もあり、そういう場所で働く人もいます。仕事の中身、役割といったことは働く会社により、様々ですが、従業員の健康維持と健康管理は基本的な仕事と考えてください。看護師国家試験に合格するよりも、断然、看護学校を卒業する方が困難だと思う人も少なくありません。看護学校はそれほど厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年させてしまうようです。そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、看護師国家試験にも合格した人は、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。
日本の看護師の一年間の収入は平均して437万円ほどです。
しかしながら、国立、私立、県立等の公立病院勤務の看護師は、公務員として勤務しているため、年収は平均約593万円になります。公務員看護師は給料の上がる率も民間病院と比べて高く、福利厚生も備わっています。
準看護師の待遇をみてみると、看護師よりも年収が平均約70万円低いです。看護師の職場といえば、病院と考えるのが普通でしょう。
しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院の他にも色々とあります。保健所で保健師の方と連携して、地域の住民の様々なヘルスケアをするのも看護師の務めです。また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。
看護士の自己PRは、実際にどんな巡り合わせで看護師を志向するようになったのかを交えると良い感触を得られます。
転職時の志望動機は、今までに育んだスキルを活かしたい、なお一層誰かの役に立つ技術を習熟したいなど、前向きな印象を持たれるようにしてください。
以前の職場の愚痴は声に出さないようにすることが大切です。
看護師の当直が16時間などにおよぶ長時間勤務となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。国の指針により月に8回までと定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。仕事をしている病院の勤務形態では、規則的な生活ができなくなったり、過労になりやすいのも、離職する看護師が多い理由の一部と思われます。看護師の働く場所といえば、病院という印象が思いつくのが大概でしょう。
しかし、看護師の資格を最大限に活躍できる場は、病院のみならず、他にも沢山あります。
保健師と連携して保健所に勤務し、健康に関する様々なケアを地域の住民のためにしてあげることも看護師の方々の役目のうちのひとつです。
また、福祉施設には医師が日頃から存在することは少ないので、医療行為の多くは看護師が行っています。看護師の転職を上手にやってのけるには、今後のことを考えて早い段階で行動を起こしておくことが大切です。
加えて、何を決め手とするのかを決心しておいた方がいいでしょう。
将来何になりたいのかを明確にして、今後の動向に合った転職先の情報を少しずつ収集してください。年収、職場環境、勤務形態など、自分には絶対に妥協できない条件も考慮しておきましょう。