コンテンツへスキップ

インプラントは人工歯

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。がんばって終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。アフターケアが寿命を決定します。毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールに注意を払い、さらに自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。
インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、全身麻酔になることはほとんどありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院して手術しなければならないケースもあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院して手術するケースも実際にあります。もし、自分が該当すると思われるなら治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
手術して人工歯根を埋め込んだ後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。
これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが圧倒的に多いです。別の原因が隠れていることもあり得るため、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることに努めましょう。
1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。ずっと使い続けられるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。
歯磨きにも正しい仕方があります。歯科で指導してもらえるはずですから、その通りのケアを心がけてください。結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題が起きる可能性もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてください。
インプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはずっと続きます。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。自然に治ることはありませんので、至急歯科医にかからなければなりません。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのがどうしても高額になってしまう原因です。安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。